女の人

にきび跡がキレイになるレーザー治療~肌生成の促進革命~

レーザー治療で除去が可能

美容

皮膚を削って平らに

ニキビ跡は、クレーター状のものが特に厄介とされています。周辺が盛り上がっている上に、中央部分がへこんでいるので、凹凸が目立ちやすく、メイクでも隠しにくいからです。だからこそ、これをスピーディに消すことができる美容整形外科でのレーザー治療には、高い人気があります。具体的には、炭酸ガスレーザーが使われているのですが、これには高い精度で皮膚を少しずつ削る力があります。脳の中にできている小さな腫瘍でも、正確に削って除去できるほどの精度なので、クレーターの周辺部分もきれいに除去することができます。さらにその周辺の皮膚を、えぐれた部分と平らになるように削ることも可能なのです。これにより、クレーター状のニキビ跡はほとんど目立たなくなり、メイク化粧品の乗りも良くなります。

線維芽細胞の働き

炭酸ガスレーザーで削ると、クレーター状のニキビ跡が平らになって目立ちにくくなるだけではなく、その部分の線維芽細胞が活性化します。皮膚は刺激を受けると、ガードのために、あるいは回復を促すために、線維芽細胞に多くの栄養分を送り込むようになるからです。線維芽細胞はコラーゲンを生成するので、活性化するとその部分のコラーゲン量が増えていくことになります。コラーゲンは、皮膚の弾力を高める成分ですから、増えればその部分の皮膚はハリのある状態になっていきます。たとえ深くえぐれているニキビ跡で、削った後にも多少のへこみが残っていたとしても、この効果により徐々に良い状態になっていくのです。こういう意味でも、クレーター状のニキビ跡の治療には、炭酸ガスレーザーが有効とされています。